お家を建てよう~間取り編最終回~

家を建てよう計画
スポンサーリンク

こんにちは~!今日も間取りの成長日記を見ていきたいと思います!!

私たち夫婦も営業担当さん、設計士さん、いよいよ納得の間取りに近づいてきていることにテンションが上がってきておりました笑

前回の打ち合わせを踏まえ今回作成してきてくれた間取りは。。。。

こちらで~す!

おぉぉぉぉぉおおお~!!

これです!私たち家族が生活をしていくお家の間取りはこれです!

図面を見た瞬間、運命の人に出会えた気分でした笑

「住んでたら色々後悔ポイントはあるよー」

とかマイホームを持っている友人たちには色々アドバイスをもらっていましたが、それは住んでみないとわかりませんからね。

営業担当の方も、設計士さんも私たちの要望を聞きながらプロ目線でアドバイスをしてくれ、私たちの意見を尊重してくれながら一緒に作りあげてくれました!!

ほぼ妻の要望をを反映させた間取りのため、施工面積が45坪と大きくなってしまいましたが、妻の嬉しそうな顔を見ると

「頑張って俺が仕事してローン返せばいいっか~」

なんて気分になりました!

私たちが間取りに関してこだわったポイントをいくつか紹介したいと思いますので、これからマイホーム作りされる方は参考にしていただけると嬉しいです!

・子どもが3人おり、これから物が増えていくことも想定して収納はたくさん欲しい

これについては「ファミリークロークは1階に欲しい」などの要望もしました。

結果は1階に3.8帖のファミリークローク、キッチン背面のカップボード両側のクローゼット、和室、2階の物入れなど十分に収納スペースは確保できたのではないかと思います。

・子どもは服など汚れて帰ってくることが多いのですぐにお風呂に入れる。

これについては当初、玄関から脱衣へ直接行けるような動線を考えていたのですが、脱衣所に勝手口を設けたことで、中から解錠さえできれば外から直接脱衣所に行くことができるようになりました。また、この勝手口は洗濯干し場へ出ることもできるので、一石二鳥です!

・脱衣所と洗面は別々にしたい

今はこういう間取りの方も増えてきていると聞いたこともありますが、誰かがお風呂に入っていると歯磨きができないとか、友人が家に宿泊する場合などを考えて脱衣所と洗面は別々にしました。

・妻の城!キッチン

もともとはフロートタイプにしたかったのですが、冷蔵庫を壁で囲んでリビング側から見えないようにしたいとのことだったので、片側が壁に接しているペニンシュラになりました。

ダイニングテーブルもキッチンに対してTではなく、キッチンの横に置きました。これは妻の意見です。正直、これについて私は施工面積が大きくなってしまった最大の原因であると考えていました。妻にダイニングテーブルの位置を考え直さないかと何度も打診しましたが、妻のこだわりが強く覆ることはありませんでした笑

せっかくのマイホームなのでケチケチしてもしょうがないし、キッチン・ダイニングについては妻のスペースだと考えていたので、妻のこだわりを受け入れました!

あとはキッチンの背面は大きなカップボードを設置したい!これ完全に見た目重視の妻の趣味です笑

陶器などが大好きな妻のコレクションが収まるはずです笑

 

細かいこだわりを書くとキリがないので、大きい部分だけ書かせてもらいました。

まだ、家が完成していないので、これらが成功なのか失敗なのかはわかりませんが、家が完成したら色々とレビューしていきたいと思っていますので、楽しみにしておいてください!!

間取り編は今回が最後となりました!

次回以降もマイホーム建築について書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします!!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました~!

ポチってもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました